+NICO

NICO LIFE

~余白のある暮らし~

無知の知と無知の無知。

f:id:plusnico:20210114151447p:plain
なんかこのタイトル、目がチカチカするなぁ。
今日は思いのままつらつらと…
深く学ばせてもらった日でした。

こんにちは!
福岡片付けコンサルタント松田宏美です。


今日は、月に一度のママ塾でした!
その道すがら、オーガナイザーさんがされてる
Voicyを聞いてたんですが、そこで、
「ダニング=クルーガー効果」について
取り上げられてて。

ダニング=クルーガー効果とは? 能力の低い人ほど自己評価が高く、
能力の高い人ほど自己評価が低くなる傾向にあること。


ちょっと趣味程度に知識もってることに対して、
自信ありげに答えちゃうんだけど、
その分野について、知識を得だすと
えっ?こんなに奥深いの?(汗)とかなる。


まさに私がそうでした。
素人で自分なりに片付けをやってる時は、
周りの人から質問されたりしても、
わりと自信もって答えたりしてたんだけど。


資格とって、いざプロになってみたら、
なんのなんの、すごいオーガナイザーさんばっかり。
会う人、見る人、すごい…。すごすぎる。
こんなふうに、私はなれない...。
勉強すればするほど、奥深いし...。
なんて、落ち込むことも多々あったわけです。


で、Voicy聞いて「まさにー!」とか思いながら、
ママ塾へ。

それで、一ヶ月のやったことなどを報告していくんですが。


みんな思っていることは一緒なんですね。

「こんな状態でいいのか?」
「なにも出来ていない自分が悲しい。」
私は、みんなの話に深くうなずき、心の中で大号泣。

みんな心の中で葛藤を抱えながら、
頑張っているんだなと思いました。

そして、その気持ちに対して、フォローも交え、
客観的にかつ優しい言葉で答えを出してくれる
ゴーシ先生方。
またまた、心の中で大号泣。

今、私たちは、
無知の知が構成される途中にあって、
自分が知れば知るほど、自分は何も知っていない
という状態に陥ってきているのかなと。

じゃあ、無知の無知が悪いかというと、
そうではなくて。
「無知の状態の私が、感じたこと」
「無知の状態の私が、どうにかしようとする力」
って、誰かの役に立つはず。

この、もがき苦しんでる姿も
誰かの役に立つかもしれない。

最後の方でゴーシ先生に、
「純粋に人と比べるんじゃなくて、多面的に比べてみる」
と、教えてもらいました。

一側面だけで見てしまうと、
そこだけで優劣が付いてしまうけど、
他の面から見たら自分の良いところって
意外に多くあるのかもしれない。

ガンバロー!と思ったのでした。

そんな私ですが、お片付けの体験モニターを
今やっているので、そのうちブログ等でも
紹介していけたらなーと思っています。

});